ジェフ・ウィッチャー & エリック・フライ :: 日本 2017

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
9.30 - Tokyo :: WWWβ

10.3 - Nagoya :: Spazio Rita

10.4 - Kyoto :: Soto

10.6 - Osaka :: Socore Factory

10.8 - Tokyo :: Pool
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Organized by ::
ナイスショップスー
WWW

00年代後半、創作物を発表する場がインターネットへ移行して以降、ネットの持つ匿名性や、情報量、スピード感に合わせて、様々な表現は細分化され、これまで以上に新しいジャンルを開拓することに価値が見出されました。今回のツアーで初来日を果たすJeff WitscherとEric Fryeも、かつては数多くの名義を使い分け、それぞれが運営するインディペンデント・レーベル等から、実体をつかむことが困難なほどに多種多様の音楽的作品を発表していた音楽家です。そんな二人は、時を同じく2010年代前半に、オーバーグラウンドな評価を獲得していた名義を含む、ほぼすべての名義を捨て、これまでの雑多な情報を持った音楽から、より無垢で素直な非音楽的表現を本名名義で発表することを始めます。

More info :: jeffandericjapan2017.tumblr.com

──────────────────────────────────────────────────

❖ Jeff Witscher was born in 1983 in Long Beach, California and currently manages his own cleaning company Vincent's Expert Cleaners in Portland, Oregon. He has recorded under a few different names, Rene Hell perhaps being the most known. He is an avid chess player & spends most of his time working, cleaning, & reading. He focuses on making sound composition with his computer, merging organic field recordings with computer generated synthesis, attempting strong narratives for his live performances. Recent solo recordings include Bifurcating a Resounding No!, 2014; Meclu, 2013; Vanilla Call Option, 2013.

ジェフ・ウィッチャー 1983年カリフォルニア・ロングビーチ生まれ。現在はポートランドで自身の清掃会社「Vincent's Expert Cleaners」を管理しています。彼はこれまでに数多くの名義を使い分けて精力的に音楽作品を発表していました。おそらく最も知らている名義はRene Hellでしょう。 また熱烈 なチェスプレイヤーであり、近年は清掃業と読書とチェスを中心とした生活を送っているそうです。
オーガニック・フィールド・レコーディングと電子音をハイブリットした彼の音楽が持つ最大の魅力は、飾り気の無い美しさ 。 ライブ・パフォーマンス では、より繊細かつ壮大な物語性のある表現を試みます。

soundcloud.com/rnpetalgaz
saloncdr.blogspot.com

──────────────────────────────────────────────────

❖ Eric Frye is a composer, artist, and curator. Exploring non-orientable sonic surfaces, Frye operates between the disciplinary boundaries of sound, philosophy, linguistics, and mathematics. His live performances and installations are focused towards a recalibrated layering of multi-channel diffusions. Simultaneously dissociative and palpable, Frye’s compositions activate an interplay between material and immaterial. His latest recording, On Small Differences in Sensation, which includes texts by Fernando Zalamea, Inigo Wilkins, Andrée Ehresmann and Mathias Béjean, was released by Copenhagen-based imprint, Cejero.

Frye’s work has been shown at Hangar Art Centre, Barcelona; Audio Visual Arts, New York City; Rochester Art Center, Minnesota; Variform, Portland: and more. He has performed extensively in the US, UK, and Europe alongside artists such as Rashad Becker, Curtis Roads, Jeff Witscher, Ben Vida, at venues including Berghain Kantine (DE), ISSUE Project Room (NY), Cafe OTO (UK), Les Instants Chavirés (FR). In October 2016 Frye was artist in residence at EMS Elektronmusikstudion Stockholm. He has forthcoming releases on Anòmia, and Further Records.

エリック・フライ アメリカを拠点とする作曲家、アーティスト、キュレーター。彼はこれまでに細分化され続けた実験音楽におけるジャンルの境界を超越した、数学や言語学に基づいた彼独自の哲学による音響の在り方を探求しています。
マルチチャンネル音響を用いて複数のレイヤーを持った音を空間に配置する彼のライブ・パフォーマンスやインスタレーションは、聴覚で動きや物質を表現すると同時に、耳では感知できえない音の波形(コンピューター上に現れる音の形で描かれたドローイング)や、空白(無音を用いて目に見えない物体を創り上げるかのようなインスタレーション)などを主題とした従来の音楽的価値観では捉えきれない表現にも感じられるはずでしょう。

ericanthonyfrye.com
──────────────────────────────────────────────────